馬肉ってどうして桜ってよぶの?

馬肉ってどうして桜ってよぶの?

江戸時代、一部の階級では獣肉をたべることがタブーとされていた文化がありました。
とはいっても、獣肉は貴重なタンパク源でありありがたいご馳走です。
そこで、飲食店は看板に隠語を使ってお客に肉を振る舞いました。

そのときによく使われたのが植物の名前でした。
鹿は紅葉(モミジ)
イノシシは牡丹(ボタン)
鶏は柏(カシワ)
そして、馬肉は桜(サクラ)とよばれるようになったといわれています。

なぜ、桜なのかは諸説ありますが、
馬肉は切り分けて空気に触れさせると赤身がうっすら桜色っぽく変化することや、
江戸幕府の直轄の牧場が千葉県の佐倉市にあったため、馬といえばサクラと呼ばれるようになった、など、いくつか説があります。

また、桜が咲く春が馬肉は美味しくなる季節だからでは、という説もありますが、
「馬肥ゆる秋」という言葉が中国にあるように、獣が一番脂がのって美味しいのは、
森が豊かに実る秋、ということを考えると、こちらはこじつけなのかな、という気がしています。